#114 明日から

先月は雪の週末が2度ありました。雪に不慣れな東京は
いろいろなことが滞って、弱さを実感することにも。


やっと雪も溶けて、近所の猫もいつものように
のんびりと考え事している日常に戻りました。


ようやく春の兆しが見えて来て、葉が柔らかく
短時間煮るだけで、しっかりとした甘さの出るキャベツや、
苦みがおいしい春野菜が出回るようになりました。
中でもキャベツは、色の濃い外葉まで煮えやすく色鮮やか
で、キャベツ好きには嬉しい季節です。


色の美しい、冬とは少し違った大根もまるまると並び、


そんな中、今月のびん詰め販売は、桜が咲き始めた
目黒川沿いのお店に出張です。
散歩がてら、ぜひお立ち寄りください。
詳しくはこちらから。
TASTE IN A JAR - びん詰めプロジェクト |LONG TRACK FOODS




 
#113 今月のびん詰め
冬の寒い間は、粗く刻んだしょうがをたっぷり入れて、
少し辛く仕上げたオイルを作っています。
前回は、果汁たっぷりのゆずを搾ることにして、


野菜は黄色と紫のお芋や人参に、カリフラワーと
少し赤いかぶや緑色を組み合わせていろいろ茹でると、


なかなかきれいな取り合わせになります。
モノトーンと緑の葉野菜が多い冬にも、少し濃い色が
入ると暖かみが出ます。


試食のときによく聞かれますが、スープは野菜の茹で汁です。
何種類かを合わせると、味が出るものなんですね。
もちろん、かつおだしやチキンストック、ベーコンなどを加えても。
スープにボリュームが出ます。そこにオイルをひとさじ。
ここまでは前回の試食です。


今回は、山椒を粗挽きの黒こしょうの辛みに変えて
みたのですが。
残念ながら、突然の大雪で試食会は断念しました。
オイルの販売は始まっているので、ぜひ冬の料理に加えて
みてください。レギュラーのイタリアンも揃っています。
茹でて軽く潰したじゃがいもに、柔らかいゆで卵(これも
ざっと潰す)をのせて、イタリアンオイルをかけてみた、
と友人から報告がありました。
アンチョビの風味は、卵や野菜と本当に合うんです。
オイルだけドレッシングに加えても、香りがいいですよ。


ロングトラックフーズには、袋物が増えました。
ネット状のエコバッグは、のびるので不定形なものでも
意外に入ります。
右は、再入荷の人気のコーヒー用のバッグ。早い者勝ちですよ。
左下は、最近加わった折りたたみのエコバッグ。
このタイプは、私も必ずバッグに入れているものです。
右下は、お馴染みのトートバッグです。



では、次回のびん詰めプロジェトは、もう少し春めいて来た頃に。
LONG TRACK FOODS|鎌倉 由比ガ浜のデリカテッセン


 
#112 今年はどんな年に
今、発売中のSPUR3月号は、長年続いた連載の最後の号。
記念すべき13年間のまとめの一冊となりました。
途中で、まだやっててもいいのかな?と、思ってしまうほどに
長く続いた連載でした。
現在はサンフランシスコ在住の、高橋ヨーコさんに、
思い切って料理撮影を頼んだのも、SPURのファッション
ページがあってのこと。
楽しかった〜〜と心の底から思える連載でした。

思えば、もっと以前にやっていたオリーブの連載も、
自由で楽しかった。
SPURは、基本が“自炊ガール”向けだし、いずれもなるべく
シンプルで難しくなく、そしてちょっと洒落て見える料理や
お菓子がテーマだったから、それで随分鍛えられた気がします。
SPURとオリーブは、いつも見てます、という読者の方にも
たくさん会ったのでした。
何だか、大きな仕事を終えたような安堵感と、また少し違う
料理の提案が浮かんだりしている所で、自分の感覚も
リセットされて一からスタート、な気分です。



もうすぐ2月、そして東日本大震災から早くも3年、
という節目ももうすぐやってきます。
新年にあたり、溜まりにたまった大量のメールを整理して
いたら、2011年3月11日近辺のところで手が止まりました。
無事を確認する友人や仕事先の人からのメール。
日本の西側から、お見舞いのメール。
自分の状況と、ネットで得られる情報を知らせるメール。
余震と、原発と、被災地と。
少し時間が経って、被災地の人達とのやり取りや、
現地からの生の声、それに賛同してリンクを貼ってくれた
方たちからのメール。
震災から3ヶ月して、びん詰めプロジェクトを始めた頃の
いろいろなやり取り。
あの時知り合った、大変な経験をした人達の話を思い返すと、
今でも涙が出て来ます。
これからの生き方、暮し方を誰もが考えた年だったと思うの
ですが、今、世の中の何がどうなっているかを考えると、
景気のよさばかりを追いかけている時ではないだろう、
とやっぱり思ってしまいます。
2011年3月のメールは、そのまま残すことにしました。
少しでもいいことの芽が出るように、莟が膨らんで
小さな花が咲くような年になりますように。

食べ物に対しての感覚も、このところさらに変って来たような
気がしていて、ストイックになり過ぎないように要注意なのですが、
普通の野菜がおいしくて、飽きる事無く作って食べたい、という
ようなものを考えたいとつくづく思います。
SPURの最後を飾るのは、そんな野菜料理です。

今年最初のびん詰め活動は、2月8日から。
お昼頃から試食もできます。細々とですが、しぶとく続けて行く
つもりなので、こちらもよろしくお願いします。
LONG TRACK FOODS|鎌倉 由比ガ浜のデリカテッセン




 
#111 今年もあと一日
今年、よくしていたのは、お宅拝見ならぬ畑拝見。
家庭菜園規模でも感じのいい畑は、きっと美味しい野菜が
育っているはずです。
日当りのいい、小さな畑が欲しくなりました。


久々にアントワープに出かけました。パリから電車で
アントワープ駅まで。


ベルギーはシンプルな素材のおいしいお菓子の宝庫。
スペキュロスというスパイス味は、ヨーロッパで流行中です。


アントワープは、動物園も素敵です。
鬱蒼とした木々の配置は、自然で美しい。来る人は皆、
時間をかけてゆっくりと過ごしています。


まるでご神木のような、来園する人を見守るように立つ、
大きな木がありました。


相変わらずの古物探し。


どこに行っても同じような行動パターンです。


相変わらずの食堂探し。


普遍的な食堂メニューがあると安心します。


国内外、東西南北問わず、食堂が一番好き。


近所の散歩も相変わらず。顔見知りの猫は、
最近では、頼んでないのにお腹を見せてくれたりして。


散歩と旅のお陰で、今年もまた本ができました。
料理における卵の役割を見直した年でもありました。


来年は、誰にとっても、どうかよい年になりますように。
#110 お知らせあれこれ
明後日、30日は、今年最後のフレーバーオイルの販売開始です。
試食もできるだけ出しますので、震災孤児を始め子供達の寄付に参加できる
びん詰めプロジェクトにどうぞご協力を。
前回と同様に、定番のイタリアン(ナッツはアーモンドたっぷりにします)
と、好評だったエスニックオイルはジンジャー入りのちょっと辛めな味つけの
予定です。
今回の香菜は、根っこが太くて香りが強いので、細かく刻んで加える予定。
きっとエスニックな風味に効果を与えてくれると思います。
お酢と合わせて餃子のたれに。麻婆豆腐の仕上げに使うという人も。
野菜炒めに、麺類に、湯豆腐に。鍋物がホットなエスニック料理になります。
ロングトラックフーズから発送もできます。暮れの贈り物にもぜひ!!



ゆずをたっぷり搾ると、とってもおいしいのです。


前回は、カリフラワーとバターナッツ。今回はどんな野菜になるか
お楽しみに。


去年の12月に出版した「料理1.2.3」の続編が出ます。
ちょうど1年後の12月中旬、13日以降に書店に並ぶ予定。
予約も始まっていますので、どうぞよろしくお願いします。


今、発売中のSPURで、お正月に作りたい料理の提案中。
簡単なものも多いので、ぜひご覧ください。

 
#109 この秋は
苦みがおいしいアンディーブで知られていて、


じゃがいもも毎日の食卓に欠かせない、


スパイスが効いたお菓子がとてもおいしい国に行きました。


ある日は、朝もやに煙るハーブ畑へ、


ある日は、夕暮れ時の広大な畑へ。


帰って来たら、今度は卵。


アンディーブとじゃがいもとスパイスと畑と卵。
詳しくは、また近々お知らせします。
 
#108  茶色い器展
今週と来週の週末、吉祥寺でイギリスの茶色い器の展示が
行われています。
場所はSAML.WALTZ展示中だけのティールームもあり、
りんごのクランブルとカスタードソース、ブラウニー、そして
ウエールズ地方のフルーツケーキ、バラブリスが味わえます。
バラブリス、これはとても手間のかかる焼き菓子なのです。
お茶は、黄色い缶が大人気のキャンベルズ・パーフェクト・ティーです。
茶葉も、缶入りと袋入りで買えるので、この機会にぜひどうぞ。
くせのない、ミルクティーによく合う紅茶です。





茶色い器はこちら。バーナード・リーチがルーツのリーチの孫、
ジョン・リーチの工房マチェルニー・ポタリーのもの。
オーブンでも使えるところがよいです。
ご存知の通り、焼き上がりの色は薄い色合いのものから
濃い茶色まで、好きな色味を選ぶのが、手作りの器の良さとも
言えますから、お早めに。長く飽きずに使える器ばかり。
私も、グラタンによさそうなものや
ココット型などいくつか買いましたが、
あの鉢も使いやすそう、卵用の小さな手つきの器も、
ときりがないほどでした。



11月に入ってすぐの週末は、こちらもよろしく
お願いします。定番のイタリアンと、しょうがを利かせた
エスニックの2種類のオイルを販売予定です。
LONG TRACK FOODS|鎌倉 由比ガ浜のデリカテッセン
 
#107 ジンジャーベースで衣替え
まだ暑いある日のこと、逗子の奥の小高い山沿いの畑にお邪魔しました。
傾斜地に沿って、季節毎の野菜と果物が何種類も植えられている、理想の野菜畑。
そこでふと思いついたグリーンのソースを、新しいカレーに添えることにしました。


試作したソースはこれ。濃いグリーンです。


ヒントはこちら。もちろん、いろいろミックスしたわけですが、
決め手になるのはこれかな?


小さな実を見つけたので、本のサインにスタンプとして使ってみました。
うーん、かなり気に入った。葉山限定です。


しょうがをたっぷり使って、こんなカレーができました。
といってもよくわかりませんね。実物はお店でどうぞ。
夏の疲れに効きそうな優しいスープもリニューアル済みです。
SUNSHINE+CLOUD

鎌倉のロングトラックフースでのびん詰め販売は、26日からです。
お馴染みイタリアンと、エスニックの予定。内容の詳細は追ってホームページで。
LONG TRACK FOODS|鎌倉 由比ガ浜のデリカテッセン

☆26日の販売は、11月2日に変更になりました。
 
#106 久しぶりのお知らせ
暑い時期をお休みして、1ヶ月半振りのびん詰めプロジェクトのお知らせです。
この週末、14日の土曜日に販売を開始します。
試食は、いつものように12時からなくなるまで。今回は、お馴染みのイタリアンフレー
バーと、去年の夏好評だったメキシカンフレーバーの2種類です。
メキシカンの方は、ハラペーニョの酢漬けに加えて、柚子しょうも入った爽やかな青い辛
さです。
夏が終わりそうで終わらないこの時期、マヨネーズに混ぜて野菜に添えるだけ(きゅうり
やトマトにちょっとつけるだけでも)で、食欲倍増ですよ。ゆで卵にフレーバーマヨも
お勧めです。
夏の疲れが出ないように、身体に負担の少ないものをしっかり食べておかないとね。

こちらの野菜は、今までの試食のいろいろです。生のままや茹でたり蒸したりした野菜に
フレーバーオイルで味つけして、チーズや肉、魚を加えれば、味のボリュームも満点な
ご飯になりますよ。



詳しくはこちらのHPで。




#105 夏の大量仕込み
 


葉山のSUNSHINE+CLOUDの食堂、OVER EASYのメニュー係をしていますが、
夏の飲み物(の素)の仕込みを終えたところです。
6月に奄美からすももが届いたのをきっかけに、鮮やかなルビー色のようなすもものソース
を作り、そうこうしているうちに、敷地内の梅の実が黄色く熟してきたので、
とろりとしたジャムのように煮て、それぞれソーダで割って出していたのですが、
あっという間にストックがなくなりそうになったので、慌てて仕込んだのが、
完熟の梅のソース。てんさい糖を使ったので、少し地味目な色ですが、
ソーダで割ると、軽やかなイエローです。
すももの鮮やかさが忘れられず、赤紫蘇のシロップを別に作ることに決定。
最後にスプーンでそっと加えると二層になって、何とも美しい梅ソーダの出来上がり、
となりました。

もう一種類は、定番にする予定の自家製ジンジャーソーダ。
クリアですっきりしているのもおいいしいけれど、煮込んだしょうが本体も加えたいと
思ったので、まずしょうがのシロップを作って、その後に、よく火の通ったしょうがを
ミキサーにかけて、ぴりっとした柔らかいジャムにしました。
繊維が強いので、ミキサーには2度かけながら煮詰めていきます。

そんな風にして出来上がった4種類のジャムやシロップを、2種類の爽やかな飲み物に。
もっと簡単な方法もありそうですが、ここはひとつ、頑張って手をかけた方が
絶対においしいのです。果物の皮も煮込んだしょうがも、おいしく使い切りたいし、
実は、いいとろみの素でもありますからね。
というわけで、この夏は、ぜひOVER EASYでスペシャルな自家製ソーダを。

出来上がりはこちら→ SUNSHINE+CLOUD
ランチの後、小さな料理がいろいろ揃った、3時からのハッピーアワーにもぜひどうぞ。









<< 2 / 13 >>



copy2016