#120 バスク再訪
2年ぶりにバスクに出かけて行きました。
ビアリッツ、サン・ジャン・ピエ・ド・ポー、アンダイエ、
オンダリビア、それにサンセバスティアンを駆け足で。
20年に一度の大潮とかで、ビアリッツの浜辺には砂で堤防のように
壁を作って、今までに見たことのない景色。
天気も激しくて、嵐に小雨に夏のような晴れ間に冬の雨。大粒のひょうまで
降りました。ピレネーは雪。川は、これも見たことのない増水状態。
冬の最後はなかなか厳しい天候です。
それでも、やっぱりバスクは豊かだなあと、車で移動しながら改めて思ったのでした。









久々に食べたバスク料理はしみじみとおいしかったけれど、変わらない味あり、
変わってしまった店ありで、たった2年足らずの間の変化が思ったより
大きかったように感じて、身勝手にも、せめてバスクは経済優先の
効率主義にならないで欲しいなどと思ったのでした。

変わず美味しいもの。小振りの鰯のグリルと、スペインバスクの
素朴で単純な焼き菓子の味。
フランスバスク周辺の代表料理のスープ、ガルビュール、そして
子牛の炒め煮、アショア。これに加えてピペラドやピルピルなど、
単純かつユニークなのが、バスク料理です。



この旅の成果は、秋頃に見ていただけるはずです。楽しいこと、もの、
いろいろあり。また追ってお知らせします。



 



copy2016