#118 来年5月に

来年の5月に向けて単行本の撮影中です。
いちいち皆で食べるので、終了後のテーブルはこんな風。
いや、これはきれいな方かも。
食事会をやっているのではないのですが、そんな気分でもあります。

楽しく苦しく悩ましく、でもやりたい本作り。
いつも、一冊にその時の全てを盛り込もうとしてしまうので、
学習しない、できないのが本作りでもあります。
いろいろ整理して行くと、野菜をどうにかすることが主たるテーマに
なるわけで、毎度それではねえ、とも思うけれど、
スパイスを組み合わせたり、動物性タンパク質の力を借りたりすると、
あらまこんなふうに?と作る度に発見があるわけです。
やることは相変わらずですが、変化の多いこの時代、
何を作って食べて行くかは重要ですからね。

例えばバター。作るのも楽しい“粉もの”を入れようと思ったら、
あれよあれよという間にバターが品不足になり、
スーパーの棚には、高価な輸入品とマーガリンが並ぶばかりで、
国産のバターは小さなサイズが一人ひとつ買えるだけというのが、
このところの状況。
お菓子屋さんはどうするのだろう。
料理本だって、呑気にたっぷりバターを使ったものを作っている
場合ではないわけで、一工夫必要だなと考えているところです。
バター不足の理由はいろいろあるようだけれど、そう単純ではなさそう。
牛乳や生クリームは十分すぎるほどあるのに、
何故かバターだけが消えたのだから。食べ慣れたバターも昨日は棚にもありませんでした。
いずれにしても、この漠然とした不安を少しでも軽減するのは、
自分で料理を作ることだと思う。
作るなら工夫して、そして極力楽しんで自分の料理を好きになろう。
というのが、今撮影中の一冊です。
今度は、今までとは少し違った景色の一冊になると思います。

*今月の鎌倉ロングトラックフーズでのびん詰め販売&試食会は、
29日12時から行います。今年はこれが最終です。
来年の予定は、また追ってお知らせします。















 



copy2016