#88 完売御礼
 
 
 真夏のような土曜日、市場経由でロングトラックフーズに着くと、岡尾さんが開店前の
 ガラス拭き中でした。

    

 販売開始のオイルが黒板に書いてあります。店内はというと、ガラスケースがカウンター
 に加わり、賑やかになってきています。


 

 これはイギリス産のマーマレード。このメーカーは王室御用達で、エリザベス女王もお気
 に入りとの噂です。あ、くまのパディントンもマーマレード好きでしたね。こんなに量が
 たっぷりなのですが、お手頃価格。オリジナル、ヴィンテージ、3フルーツ、あと刻み方
 にこだわったのもあったと思いますが、そこから3種類並んでいました。ヴィンテージは、
 色が濃くて(というか黒い)、苦みばしったキャラメル風味です。
 そういえば、マーマレードってイギリスではちょっと特別な存在ですね。昔は白い陶器の
 瓶だったようですが、ポートベローのアンティークマーケットで、初めて買ったのも白い
 瓶だったなあ。午後のお茶にはいろんなジャムを、マーマレードは朝ご飯に食べるイメー
 ジです。絶対に朝以外には食べない、という人がいるらしい。最近はどうなんでしょうか。
 そうそう、焼き菓子にも入れます。お菓子の味に変化をつけたい時には、すごく手軽で味
 も複雑になります。そう考えると、甘くて苦くて酸っぱいって、なかなかよくできた味だ
 と思います。甘いだけじゃないっていうのが、マーマレードのいいところ。
 
   

 たぶん収穫を忘れて、畑に残っていたらしい巨大ズッキーニを市場で買いました。40cm
 はあったような....。ズッキーニは、放っておくとどこまでも大きくなるそうです。
 当然、種も大きく味も大味になるので、適当なところで収穫しないと、あまりおいしく
 はないので要注意。そういえば、友人が実家の畑でズッキーニを育ててもらったら、ある
 日お母さんから電話。どこまで育てればいいの?と聞かれたそうです。
 今日のはすごくしっかりしているので、たぶん大丈夫。規格はずれのものやワイルドに育っ
 たもの、不揃いなものを見ると手を出してしまう習性があるんですよね。


   
 ハラペーニョとゆずこしょう、トマト、ピーナッツなどを順に詰めて。だんだん辛めになっ
 てきました。それがよかったのかどうか、メキシカンは初日に完売。有り難いことです。

  

 ラベルをまいて、いつものように出来上がり。隣は定番のイタリアンオイルですが、 何だ
 か似てますね。当然ながら、味は全く違うのですが.....。こちらは、ひとさじでイタリア料
 理になる、魔法のオイル(のつもり)。

 

 ピタパンをスライスして、左のイタリアンには、湯通ししたズッキーニときゅうりを塩も
 みしたもの(こちらのコツはレシピページで)、先月より辛さを強めたメキシカンは、
 トマトと合わせて。といっても、薄く薄くスライスしてのせた、というだけです。組み合
 わせを変えてもOKですよ。何をのせるにしても、単純な方がおいしいと思います。
 暑さもあったせいか、メキシカンは初日に完売でした。皆、私が考えるよりも辛みが強い
 のが好きなのかも。試食の感想は、毎回参考になります。今回もありがとうございました。

 次回は8月上旬の予定です。決まり次第お知らせします。日程はここからどうぞ。




copy2016