#85 今月のびん詰め
 

これは、連休初日の鎌倉宮前です。鎌倉は、日帰りできて楽しく1日過ごせる、最強の観光
地ですね。朝早くからこの人通りです。
今月でびん詰めの販売も11回目。一年経つのは何と早いのでしょう。ぼーっとしている
と、あっという間です。でもこの一年、去年の震災後にこの活動を思いついて、ロングト
ラックフーズの二人に相談してから、このびん詰め販売がひと月の軸になっていました。
ある意味、月末には必ず鎌倉にいる、という縛りが出来た訳ですが、それは私個人にとって
は、その日を境に一ヶ月を過ごすという、意味のある一年だった気がします。予定が詰まっ
てみたり隙間が空いたり、ゆらゆらと浮遊していたりかっちりと固まっていたり、とその
時々で感じの違う毎日なのですが、カレンダーのある日が必ずマークされているということ
は、今までにあまりない感覚です。
それは決して悪くない感じでもあります。そういう縛りができて、何かリズムが少し変わっ
ていくのを期待していたところもあるのですが、なるほど、そういう感じなのかと実感して
来たのは最近です。この先、大幅に何かが変わる、変えるということがあるのかどうかはわ
かりませんが、定期的に違う空気感の場所に行くというのは、けっこういいことのように思
います。いつもいる場所をぱっと離れると、かなり気分が変わります。

 

さてこちらは前回の菜花。菜の花や小松菜など、茎が伸びて花が咲いたものを茹でると、な
かなかに美しい食べ物になります。この季節ならではのもの。自然な形の野菜が減っている
ので、新鮮です。不揃いな方が、結果的にお皿の上、そうです盛りつけはおいしそうに見え
るのですが、それを作り手、売り手にも知ってもらいたいものです。あ、料理をする人にも
でした。

 
菜花にパスタとひょろっとしたブロッコリー、それにルッコラの花を添えてみました。気温
が上がってきて、旬が少し過ぎようとしている頃の自然と伸びてしまったような野菜は、ど
こかのんびりしています。その時にしか出会えないハーブの花などもあるので、野菜で季節
がかわって行くのを感じるのもいいものです。
これも、繰り返し市場に行っているからこそのことで、こんなことも、1年を通しての定点
観察のような面白さです。
今週は、どんな色合いになるんでしょう。試食は26日のお昼頃からです。

 

前月から、ワインが3種類仲間入りしています。これはびん詰めプロジェクトとは直接関係
ないのですが、おいしくて、なおかつラベルが美しいワインを選びました。タイプの違う白
が3本、カウンターに並びました。どれも大好きなワインなので、こうしてお店に並ぶのは
うれしいものです。それにしても、ワインは姿が味を表している(ことが多い)のは本当だ
と思うのですが?もちろん、フレーバーオイルを使った料理にも合いますよ。


ロングトラックフーズは、先月で3周年だそうです。これからもどうぞご贔屓に。









copy2016